VMware vSphere

VMware webサイト
クライアントからアプリケーションまで、トータルソリューションを提供するVMware Horizon
VMware Horizonは単純にPCを仮想化するだけではありません。
仮想化ならではのPC運用や、アプリケーションの仮想化を組み合わせて従来の物理PCでは実現不可能なクライアント運用を可能としています。
また多様化する端末環境に必要とされてくるアプリケーションポータル機能などトータルソリューションでクライアント環境の活用率を最大化します。

仮想デスクトップとは

PCをデータセンター内に仮想化統合し、端末から遠隔操作を行うシステムがVDIとなります。
VMware vSphere上に高密度に実装されるVDI(仮想PC)はラック数本で数千台の仮想PCを実装いたします。となります。

仮想デスクトップ
  • ・PCを仮想化しサーバ上に実装します(仮想PC)
  • ・クライアントからはサーバ上の仮想PCの遠隔操作を行います
  • ・クライアントにはデータがないため高いセキュリティを確保できます
  • ・クライアントデバイスは最新のスマートデバイスにも対応しています

VMware Horizon Viewシステム概要

数少ないコンポーネントでVDI環境をご提供するVMware Horizon Viewはシンプルで運用しやすいソリューションです。 特にサーバ仮想化でvSphereをご利用のお客様には短い期間で管理機能の仕組みをご理解いただけると考えています。

system-outline

PCoIPプロトコル

VDIで肝となる通信プロトコルはPCoIP(ピーシー・オーバー・アイピー)を採用しています。画面転送に最適化されたUDPプロトコルで快適な操作感を提供します。また、様々なチューニングパラメータにより狭帯域環境にも対応いたします。

pcoip

PCの台数に依存しない管理手法:
View Composer

View ComposerはVMware Horizon Viewの運用管理機能で一押しの機能です。
VDIならではのマスタ管理を実現し、初期展開と通常運用をサポートします。
ユーザに配布後にマスタをバージョンアップする、という運用が可能となります。
もちろんバージョンアップ作業は自動化で実装いたします。

ビジネスにスピード感をもたらす新しい管理手法
  • ●1つの親イメージを素早く展開。PC 台数が増加しても IT 管理者の負担を増やさない管理が可能
  • ●パッチの適用をユーザ任せにしないで、IT 管理者がコントロール。 セキュリティレベルの向上に加えて、生産性が向上
  • ●セキュリティレベルの向上に加えて、生産性が向上
view composer

View Security Server

インターネットからのアクセスをより快適に高いセキュリティを保ちながらご利用いただける機能となります。BYODなどと組み合わせるとさらにVDIのメリットを高めることが可能となります。
事例としてはサードパーティ製の二要素認証と組み合わせる構成が多くなっています。

管理手法
ビジネスにスピード感をもたらす新しい管理手法
  • ●外部→DMZに開けるポートは、443のみ。
  • ●DMZ→内部に開けるポートは、Viewで利用するポートのみ。
  • ●View専用のリバースプロキシの利用イメージ
  • ●Windows OSベースのアプリケーション(View Connection Serverの1コンポーネント)
  • ●1台で1000同時セッションまで対応

Server VDIに関して

アプリケーションを仮想化するThinAppは実績の多いソリューションです。
Windows XPでしか稼働しないアプリケーションを最新のWindows OSで稼働させたり、1つのデスクトップでは同居できないアプリケーションを同時実行させたりすることが可能となります。

  • ●Windows Server 2008R2をWindows 7のように利用します。
  • ●画面イメージは右図のようにグラフィカルにも設定可能です。
vSphere 画面写真
  Windows 7ベース Windows Server 2008R2ベース
デスクトップエクスペリエンス Windows 7 Windows 7 ライク
アプリケーション環境 32bit / 64bit 64bit
VMware Horizon View機能 フル機能 一部制限あり
Microsoftライセンス
必要ライセンス
Virtual Desktop Access Windows Server
Remote Desktop Service CAL
Microsoftライセンス購入方法 サブスクリプション
3年一括契約
買い取り※SAは任意
Microsoftライセンス購入数 Device Device / User 選択可能

VMware アプリケーション仮想機能-ThinApp -

アプリケーションを仮想化するThinAppは実績の多いソリューションです。
Windows XPでしか稼働しないアプリケーションを最新のWindows OSで稼働させたり、1つのデスクトップでは同居できないアプリケーションを同時実行させたりすることが可能となります。

機能
AppとOSを分離し、OS依存を排除
アプリケーションイメージとレジストリ情報を
一つのEXE ファイルにパッケージングし、
各VOSで実行することにより、
OSとアプリケーション・データ環境を分離
特長
  • ●OSにAppをインストール不要
  • ●1つのOSで、同じAppの異なるバージョンも実行可能
  • ●エージェント不要で、管理者権限不要で、Appを実行可能
  • ●ターミナルサービスは使用しない
  • ●サーバ不要
  • ●VMware Horizon Viewと連携可能
仮想アプリケーション

アプリケーション環境管理 – App Volumes -

App Volumesは最新のアプリケーションの仮想化ソリューションです。
ダイナミックにアプリケーションカタログをデスクトップに配信します。
インストールベースのアプリケーションの展開手法から”割り当てる”という革新的な手法に進化させることが可能となります。
<ご参考>
モバイルデバイスやPC端末でのWindows 10アプリケーションの展開と管理を容易にするソリューションの提供に向けて、Microsoft社とVMware社が提携しました(2015/9、VMworld 2015で発表されました)。AppVolumesは本ソリューションでアプリケーションの配信に活用されます。

  • ●Disaggregate IT管理のアプリケーションとユーザ管理のアプリケーションをOSから分離して管理します
  • ●Linked Clone環境によるマスタイメージ管理の集中化と柔軟性を両立します
Traditional
Traditional
Just-in-time App Model
Just-in-time App Model

Horizon WorkSpace(統合ワークスペース)

スマートデバイスからアプリケーションをより使いやすくするポータル機能を提供するのがHorizon WorkSpaseです。デスクトップレスですぐに使いたいアプリケーションを起動することが可能となります。

Workspace for Windows からVMware Workspace Portalへアクセスし、
ThinAppにてパッケージ化された仮想アプリケーションへアクセスできます。

Horizon workspace
製品一覧にもどる
ページTOPへ