認定技術者に聞く!!NSXの可能性

NSXの可能性と今後について

DCにおけるネットワーク環境は仮想化の普及に伴いより複雑化し、仮想サーバ側ネットワークと
 接続される物理ネットワーク側との整合性の精査や、設定作業の迅速化が求められてきております。もしサーバ側と物理ネットワーク側にて少しでも整合性が合わない場合は、スピードが求められるサービス提供への多大な影響を及ぼしかねない事態となりかねません。
VMWare-NSXは仮想マシンを取り巻くネットワークコンポーネントをソフトウェアとして極限まで仮想マシン内部に取り込む事で、設計の整合性や精査などの弊害を取り除く事を実現します。
NFV(Network-Funktion-Virtualization:ネットワークコンポーネントをソフトウェアとして仮想マシン内に取り込む技術)化の加速により、DC内ネットワーク環境は著しい革新を遂げる可能性が有ります。
たとえば、DCでは外部接続用のインターネットプロバイダの接続インターフェースと、企業内ネットワークと接続する閉域網のインターフェース及び、そこにサーバ群・ストレージ群を収容するL2ファブリック用スイッチ群のみが、ネットワークコンポーネントとして存在する環境が主流   となるかもしれません・・・・・・・・・・

 

NSXの勘所(特長)は?

 ①.NFV
②.セキュリティー
③.SDDC


①は前記の通り、ネットワークコンポーネントを仮想化する事により、
・通信の機器遅延の削除
・East~West間通信(仮想マシン間VLAN跨ぎ通信)の内部処理による、無駄な物理ネットワークトラフィックの排除を実現

②では、仮想基盤内での分散ファイウォールによる
・セキュアなマルチテナント環境の実現
・仮想マシン毎のセキュリティー強化(マイクロセグメンテーション)及び簡素化を実現

③では、複数vCenter間(クロスvCenter)での分散論理スイッチ/分散論理ルータ構成により
・マルチデータセンタ構成の実現
・データセンタ間での同一セグメント/ライブマイグレーションが可能となり、よりFlexibleなDR構成を実現
 

NSXのメリットは?

DCネットワークの一元管理・一元運用による、俊敏且つ正確なサービスのプロビジョニングと
運用効率化の実現」になると思います。
ユーザが使いたいアプリケーションを仮想環境で立ち上げ、同時にネットワーク環境、セキュリティ環境も構築しサービス提供出来る。

それがNSXの最大のメリットです!

NSXの事はお気軽お問合さい!! vmware@ml.kel.co.jp  
ニュース一覧に戻る
ページTOPへ